実損払いとは契約時の限度額を上限にして、実際にかかった金額を保険金として受け取る方法です。

例えば契約時の保険金額の限度額が200万だとした場合、治療費に100万円かかった場合100万が支払われ、300万円かかった場合200万円が保険金として支払われ、100万円が自己負担となります。