海外のコンセント

海外旅行で充電をするのには変換プラグが必要!

海外旅行の持ち物でカメラ、携帯電話など電化製品が登場しました。

そんな電化製品を充電をしようとなった時、国によってコンセントの形状、電圧が違うため日本の充電器だけを持って行っても充電はできません。

そこで、必要なのがコンセントの形状を現地のタイプに変換する変換プラブと、電圧を調節してくれる変圧器なのです。

変圧器は必要!?

上記で変圧器が必要と書きましたが、まずは自分の持っていく家電、充電器の裏や説明書の使用可能電圧を見てください。
もしそこにAC100ー240vと表記されていればこの問題はクリアとなります!

世界の電圧は100Vから240Vの間だから全国使用可能って訳です☆
(因みに日本は100v)

現在はこの全対応が多いのですが、もし対応出来ていないようなら変圧器を持って行ってください。
因みにこちらのサイトに世界の電圧一覧表が載っていましたので参考に。

変換プラグはまず必要!

コンセントの形状は世界で8タイプあり、A,B,C,BF,B3,O,SE,O2の8タイプに分かれています。

そのため、日本の(A)タイプでは他にコンセントに差し込めません!

これも国によって違うので同じくさきほどサイトで確認してみてください。