アラスカへオーロラを求めて行った僕、しかしながら中々チャンスに巡りあえず一週間は過ぎた頃、遂に待ちに待ったチャンスが来ました。

フェアバンクス~Fairbanks~

フェアバンクス
アラスカのフェアバンクには、天気予報ならぬ、オーロラ予報なるものがあり、ある程度のその日のオーロラの活動具合が予測出来るのですが、僕が現地に着いてからは残念ながらオーロラ活動は静かであり、なかなかチャンスと言うチャンスは訪れませんでした。

そもそもオーロラとは何なんだ!?って思い、ウィキペディアなどを見ても入試問題にでも出てきそうな難しい事が書いてあり正直わかりません。分かったのは自然が作り出した発光現象って事だけ。
じゃあ難しい事はさて置いてどしたら見えるの!?って調べていたら、一応オーロラ自体は夜間に晴れている時ならば9割位は観測できるようなのです。

ただ、光の強さと活動具合、天候具合でしっか見えるか見えないかの違いらしく、日照時間の長い夏場は見えづらく、1月~3月が一番見えやすいらしい。
そんでもって夜中の23時~深夜帯が一番見えやすい時間帯だそうです。
その他にも発生時間は数分から数時間だったり、室内の窓越しには見えない、他に光があると見えづらい(つまり街中では見えづらい)などの情報がありました。

まぁ、早い話夜間の寒い時間が勝負で、焦らずゆっくり待ってなおかつチャンスは逃すなって事な訳だそうです。
僕がいた宿は多少街の中心部から離れてはいますが、言うても街の光がある場所。

フェアバンクスの街を散策しながら、夜はちょいちょい外に出て空を眺めるのですが、
一瞬白い帯が見えただけでした(そんでも、今時一瞬テンションはあがりましたが。。)
そんなこんなで1周間近くの時間がたってしまった頃、一緒の宿にいた写真家の人に日本人の経営するオーロラツアーを経営するロッジを紹介してもらいました。

オーロラ予報は良くないが、一か八か参加してみることにしました。
そのロッジですがオーロラ・ボリアス・ロッジという暖かい夫妻と木の温もりがあるロッジが魅力の素敵なツアーでした。

オーロラの写真は感度の高めのカメラと三脚等が必要だったり、技術や知識も必要とされるため簡単には撮りづらいのですが、このツアーなら写真も撮ってくれて日本に送ってくれるサービスもあったりすのでオススメですよ☆

話はそれましたが、来たるツアーの日オーロラ予報をチェックするとなんと最上級の”アクティブ”!!
今まで静かのサイン”クワイエット”だったのに、俺の旅運も捨てたもんじゃないなと思いながら、ワクワクしてツアーに参加!

夜の21時くらいに宿に迎えに来てもらいました。

その後ホテルなどを巡り他の観光客の人を乗せて車は山奥のロッジに向かいます。
ロッジに着いたのが22時半位だったと思います。まずはロッジに入り温かい飲み物を飲みながらゆっくりとその時が来るのを待ちます。

前面ガラス張りの場所からテラス越しに外を見ているのですが、たまに外にでて様子を見たりして待つこと1時間位でしょうか?
一緒に参加していた台湾人のオバちゃんが騒ぎ出します!
遂にオーロラに出会える時が来たのです!

少し曇りだった空もいつの間にか満天の星空に変わり、そこに流れる帯状の緑白の光、やがてその光は花火のようにはじけて目の前に広がります。

もちろん見ているのはロッジの外なので、凍える寒さなのですが、部屋に戻るのは嫌で1時間近く光のパフォーマンスにみとれていました。。
はるばると北極圏まで来た事が報われる瞬間でした。

この時撮った写真をアップしたかったのですが、現在手元に写真がなかったので他のサイトから引っ張らせてもらいました。。スミマセン。。
写真が見つかり次第アップしておきますね。

こんな感じ↓
フェアバンクスの写真
フェアバンクス (トリップアドバイザー提供)
フェアバンクスの写真
フェアバンクス (トリップアドバイザー提供)
フェアバンクスの写真
フェアバンクス (トリップアドバイザー提供)

因みに緑以外の赤等は、余程運が良くなければ肉眼では見えないそうです。
アラスカ、フェアバンクス寒い街だけど、人は暖かくてオーロラも見れて大満足の旅でした。

オーロラは運や忍耐の勝負のようなので、少し時間に余裕を持っていくのが良いかもしれませんね。
でも、オーロラの神秘は皆さんにも是非体験して欲しいなって思います。
アラスカ フェアバンクス