さて、今回の海外旅行の体験談は香港です。

日本からほど近く、都会のため旅もしやすく、それでいて異国感もしっかり楽しめる場所です。
歩いてもある程度回れるし、バス、電車ももちろんしっかり整備しているのですごく旅しやすいと思います。

香港~Hong Kong ~

今回は僕が香港で訪れた場所を中心に紹介していきますね☆

香港で訪れた観光名所

彌敦道~ネイザン・ロード~

香港のメインストリート、いかにも中国らしい看板がぎっしりと並ぶ町並みや、有名デパート、カフェ、レストラン、公園・・・ない物は無いストリート。
香港 ネイザン・ロード
横道にそれると庶民の店であろう、大衆食堂や露店等があります。
庶民の生活ぽっさを観るなら横道散策も楽しいかも☆

ネイザン・ロードは長いので、歩くのが疲れてしまうかもしれません。
そんな方にはオープントップバスと言われるツアーもあるようです。
2階建てのバスに乗り夜のネオン輝くネイザン・ロードを周るツアーで、いくつか種類もあるようなので、興味がる方は調べてみては!?
ネイザン・ロード バス
↑僕はツアーに参加した訳ではないのですが、2階だてのオープンバスに乗りましたが、何処でどう乗ったのかが思い出せません。。ごめんなさい。。

重慶大厦(チョンキンマンション)

旅好きの方なら知っている方も多いであろう「深夜特急」の中にも登場するマンション。
ネイザン・ロードの通りにあるにも関わらず、格安の宿のゲストハウスが混在するマンションで様々な人種の人がこの宿に出入りしており、1階にはそのニーズに合わせてか両替所や民族衣装、民族料理?等の店がズラリと並んでいます。

このマンションに宿をとらないでも、探索可能なので行ってみても良いと思います!
もちろん、僕はこの重慶大厦(チョンキンマンション)で宿をとりました☆
深夜特急にでてきた宿に始め行ったのですが、オーナーが不在だったのか返答が無く隣の宿のオーナーに連れられ行った場所に決めました!

エアコン無し、シャワー共同(お湯)のネパール人が経営する宿で、確か日本円で1500円位だったかな?
安宿を探す人も、そうでも無い人も行ってみても良い場所だと思います!

尖沙咀東部海濱公園~プロムナード~>

九龍島と香港島の間にあるビクトリア・ハーバーを目の前に臨む遊歩道。
香港の中でもここは外せない場所かもしれません!

僕も毎日のように行きました!海風が気持ちよく、夜は香港島の夜景と光と音楽のショーが開催されます!
詳しくご紹介しますね!

天星碼頭~スター・フェリー・ピア~

九龍島と香港島を繋ぐフェリーの発着所、ここからの景色や雰囲気を楽しむのも良いのですが、何よりお勧めしたいのはこのフェリーに乗ること!

九龍島と香港島の間の所要時間は10分に満たない位なのですが、値段はHK$2位日本円なら100円にも満たない値段で乗れるのです!まぁ往復だからその倍ですけどね☆
香港 フェリー
↑スターフェリー・・・・と始めは思いましたがこれは違って↓がスターフェリーでした☆
スターフェリーの画像 - 観光名所の写真
スターフェリー (トリップアドバイザー提供)
まぁ、外観はどうとして乗り心地は最高!海風を感じながら、ipotで音楽とコーヒー!
これが気に入って何度も乗ってしまいました☆
スターフェリー 眺め WrI6re2QXFyBcGv1381151190_1381151241.jpg
夕暮れ時も狙い目☆
夜に乗れば軽くお台場ナイトクルーズみたいなゴージャスな体験が格安で体験出来るかも!?

星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)

インターコンチネンタル・ホテルと言う高級ホテルを抜けた先にあり、香港スターの手形や銅像が並ぶエリアです。ネイザン・ロードからならここが一番近いかな!?
香港 ブルースリー 銅像
ブルース・リーの銅像、余談ですが僕昔からブルース・リーに似てると言われ、ここにいた時も知らない外人さんに「お前似てるな~!」と言われました。。喜んでいいのかな!??
香港スターを観ながら、ゆっくりと散歩しながら巡ってみては!?

シンフォニー・オブ・ライツ Symphony of Lights 幻彩詠香江

先ほど書いたライトショーがこれ!
100万ドルの夜景で有名な夜景と共に、音楽、光の演出が加わり毎日やっているのに凄いスケール!
毎日夜の8時から開催されています!

僕が行った時は丁度香港返還記念日にあたる7月1日だったらしく、小雨ながらも花火も打ち上げられました☆
男1人旅だったのに、感動して見入ってしまいました香港 

ちょっと画像が悪いので画像をお借りしてきました。

こんな感じに見えます。
シンフォニー・オブ・ライツの写真
シンフォニー・オブ・ライツ (トリップアドバイザー提供)

ビクトリア・ピーク~Victoria Peak~

香港で一番高い山のビクトリア・ピークで、香港島やビクトリア・ハーバー等が一望できるスポット。
昼間行っても綺麗な景色を堪能出来ますが、やはりお勧めは100万$の夜景を堪能出来る時間帯がお勧め!

ピークトラムと呼ばれる、小さい列車に乗り山頂まで行けるのですが、この列車300m程を急勾配の斜度27度で登っていくので、乗り心地はかなり面白いです!
ジェットコースターの最初の登り位!?(もちろんゆっくりです)
この列車も含め香港に行ったら訪れるべき場所かな!?

因みに行き方ですが、セントラルフェリーピアと言う場所のバス乗り場から、15c系統のバスで行けます☆
ビクトリア・ピーク

南丫島~ラマ島

冒頭でもお話しましたが、香港はいくつかの離島とで構成される街。
ここ南丫島もそのうちの1つ。空港かなんかで手に入れてガイドマップに載っていてプッラといった場所ですが、香港の賑やかさとはまた違う静かな島です。
南丫島 ラマ島
香港島からフェリーで30分程で着くので日帰りで十分行ける範囲にあります。
僕も日帰りで行きました!ここでもフェリーが気持ちいい!

島には主にトレッキングが中心となります。いくつかのルートを辿りビーチなどに続く道を歩きます。
途中に店やお土産屋さんもあるので、ゆっくり一日かけて周るのも良いかと。
南丫島 ラマ島
全体的にはゆったりした雰囲気ですが、大自然という訳では無いので香港の街に少し飽きてきたら、少し気分転換用って感じかな?って思います。
香港から行ける島は、この他にもいくつかあるようなのでいくつか巡るのもいいかもしれませんね☆

香港からはマカオも近いですし、日本からも近く行きやすいので気軽に行ける海外旅行スポットだと思います!
興味がわいた方は是非どうぞ!最後に香港の基本情報も載せておきます。

香港の基本情報

◇正式名称は”中華人民共和国香港特別行政区”
皆さんもご存知の通り中国の一部ですね!とはいえ香港はほぼ独立した都市。
世界の三大金融セクターの一つと言われる、世界の中心地。

◇上の地図を見てもらうと分かるかもですが、香港島、九龍半島をメインとして、南シナ海に浮かぶ235の島々を香港と呼ぶそうです。
◇通貨 香港ドル 表記HK$ か $ 両替は銀行でも出来るし、街中にある両替所でも可能。
後ほど説明しますが、重慶大厦(チョンキンマンション)と呼ばれる複合ビルの中でも両替所があり!
◇気温 基本的には平均気温は25度と高めで、氷点下になる事はほぼ無いようです。
1月~3月は10度を下回り、寒い時もあるようなので注意してください。
◇人口 700万人程
◇言語 中国語 英語 元イギリス領なので、英語が大概通じます。
日本人なら漢字を使って筆談って手もあり!?
◇行き方 日本から直行便あり。