南京錠,ワイヤーロック

海外旅行 荷物の盗難の可能性とは?

海外旅行では盗難等の被害に合う可能性は非常に高まります、手口は色々ありますが、空港やレストランなどでちょっと荷物から目を離した隙などにスーツケースやバックの中身を盗られるケースを耳にします。治安の悪い国だとたまにホテルなどに荷物を置いて出かけた際に荷物を盗まれた!なんてケースも耳にします。

いつでも荷物を目の届く範囲において置けるのなら問題もないのですが、そうもいきませんよね。

また空港で荷物を預ける際も、鍵が無いと荷物の中身が散乱してしまう可能性もあります。

 

そんな盗難対策に南京錠やワイヤーロックがあると便利。

スーツケースの場合ケース自体に鍵が付いているので問題は無いのですが、バックパックやソフトキャリーケースの場合は基本鍵が付いていません。

そこで盗難対策として、鍵が無いバックパックやキャリーケースには、ファスナーなどに付けられる南京錠が便利です

鍵をかけても盗まれるものは盗まれるのですが、盗難対策が0から1にはなります。

 

南京錠にはナンバータイプ、鍵タイプ両方あるので好みの方を選ぶと良いでしょう。

また、ちょっと荷物から目を離すだけではなく、長距離列車やバスなどで荷物から離れてしまう場合、バックやケースと近くの物に固定出来るワイヤーロックなども有効な盗難対策になるでしょう。

まぁ、全ての国でここまで大掛かりなワイヤーロックが等が必要とはなりませんが、治安の悪い国等に行く場合検討したほうが良いでしょう。

ただ、スーツケースの鍵は海外旅行でスーツケースに鍵は必要なのか?いらないのか?でも書いていますが、無理して鍵つきのものは買う必要は無いと思います。

 

アメリカに行く場合の注意点!

空港で南京錠などを付けて荷物を預けても基本は問題はなく、もし空港の検査員が中身をチェックしたい場合解錠してくださいと言われるだけです。(例外もあり)

ですが、アメリカの領土内に入国する場合このやり方はアウト!

アメリカで起こった同時多発テロ以降、アメリカのセキュリティチェックは物凄く厳しくなり、TSAと呼ばれるアメリカ運輸保安局が少しでも怪しいと思った荷物は勝手に開けられ、その際施錠してあれば容赦なく鍵やバックを壊されたりします

盗難対策がかえって荷物の破損を招いてしまうのです。。

因みに僕もアメリカに旅行に行った時、鍵はしていなかったのですが荷物がグチャグチャになっていました。。

もしアメリカに行く場合で施錠をしたい場合はTSAロックと言う機能の鍵を使う必要があります。

TSAロックの鍵はTSAが特殊な方法で開けられる鍵で、預け入れの時点で施錠して、もしTSAが荷物を開けてチェックする時も鍵を壊される事なく開け閉めして返してもらえるのです。

スーツケースの鍵もTSAタイプがあるようなので、アメリカに旅行する方はスーツケースを買う際、ちゃんと見て買うようにしましょう!
ちなみにアメリカ本土だけでなく、ハワイやグァム等も同じなので注意してくださいね!

※追記 現在 TSAロックも壊されるケースも耳にしています。一応下記の記事はそのまま残しておきますがアメリカ圏に行く場合は基本鍵をかけないほうが良いかと思います!!

今回は海外旅行における盗難対策についてお話してきました。

過度に気にしすぎる必要もありませんが、最低限は対策しておく事で安心な海外旅行が楽しめるようになりますよ!