国際線に乗る際注意したいのが機内持ち込み荷物制限についてです。

主要な持込制限については『国際線飛行機の「機内持ち込み手荷物」の制限を知っておこう!』の記事でも説明しましたが、液体の持ち込みについては色々とあるのでここで詳しく説明しますね。

※この情報は海外の航空会社によっては異なる場合があります。現地で国際線に乗る場合はしっかり確認してくださいね!

国際線機内持ち込みの場合の液体物の持ち込みについて

液体持込制限

液体物の機内持ち込みについては以下のように言われています。

100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されており、持ち込む場合は100ml以内の容器に入れて容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋にいれて持ち込みとなっています。

ポイントは以下の通り

◎100ml以下の容器◎以下の条件が揃った袋

・容量1ℓ以下

・ジッパーが付いていて開閉が何度も可能

・透明プラスチック製

◎一人一袋まで

一ℓ以下の袋と言うと分かりづらいですが、目安としては縦×横のサイズが20cmx20cm以内のものが目安だそうです。
正確には合計数が40cm以下なら基準に当てはまるようですが、これ以下のものが良いでしょう。

皆さんの身近なものだと

『ジップロックのフリーザーバッグ 中』が19.6×17.7なのでこれに当てはまります。

写真は一応amazonさんのサイトに行くようになっています!何かの買い物のついでに一緒に買えば送料もかかりませんしね!

また面倒であればamazonなんかでも以下のようなセットの商品や専用の袋のみもあるので必要な方はそちらもありだと思います。

持ち込みがダメな物の例

液体物と言ってもダメなのは飲み物だけじゃありません。

化粧水や保湿液などはもちろんダメですが以下のものも液体物とされています。

  • ワックス・シャンプー
  • 歯磨き粉
  • 香水
  • ヘアスプレー
  • 缶詰
  • 漬物
  • ヨーグルトやゼリー
  • 乳液
  • ハンドクリーム
  • 日焼け止めクリーム

女性には厳しい話ですが、化粧に関する物は結構引っかかりやすいですね。

要は水分を多く含んでいるものはダメだよ!と言う事ですね。

コンタクト、医薬品やベビーミルクなんかは?

一応例外となるのが

『ベビーミルク』

『コンタクトの洗浄液』

『医薬品』などです。

ベビーミルクやベビーフードは赤ちゃんが一緒の時のみOKで、

コンタクトの保存液や洗浄液は医薬品として扱われ、検査員にその事を伝えればOKです。
※一応機内で必要となる分となっているので、あまり大量にあるとダメなようです。

医薬品なども同様で検査員に申し出れば良いのですが、物によっては処方箋などの提示を求められるようなので、準備ができる場合は用意しておきましょう。

液体物はなるべく預けてしまいましょう

ここまで説明しておいてなんですが、液体物は100mℓ以上でも預け入れにしてしまえば問題なく預けられます。

長旅で色々必要になる場合もありますが、できる限り液体物は預け入れにしてしまえば安心なのでそちらをおススメします!