海外旅行途中に貴重品を紛失してしまった!そんな一大事が起こってしまった時どうしたらいいのでしょうか?

起きて欲しくないけれど、起きてしまった時の対処方を学んでおきましょう。

クレジットカードの停止

貴重品の中にクレジットカードがあった場合不正利用を防ぐためにも一番に行なって欲しいのがクレジットカードの停止手続きです。

殆どのクレジットカード会社には24時間対応のトラブルディスクが設置されています。紛失に気づいた時点で直ぐにこのトラブルディスクに電話してカードの利用を停止しましょう。そうしておけばその後の手続きも安心して行なえます。

このようなケースに備えて、海外旅行に持っていくクレジットカードのトラブル時の緊急連絡先は必ず控えて別に持っておきましょう。

また、クレジットカード会社にもよりますが再発行手続きも取ってもらえたり、緊急時用のカードも発行して現地で受け取るサービスもあるのでそれぞれのクレジットカード会社にどのようなサービスがあるか確認しておきましょう。

警察に行き証明書を作る

つぎに警察に出向き『紛失・盗難証明書』を作成してください。

この証明書によりパスポートの再発行や保険の手続きなどが可能になります。
この証明書の名前や手続きをする場所は国や都市により異なる場合があるので自分が行く国の情報は出来るだけ事前に調べておきたいところかもしれません。

それぞれの国の手続きに関してはotoaの都市別安全情報で確認できますので利用してください。
確認の仕方はリンク先にいって以下の操作で確認できます。OTOA 使い方1

この画面から行く予定の国又は自分がいる国をクリック次に都市別の安全情報を確認します。

OTOA 使い方2

そうしたら最後に紛失物をクリックすればその都市の対応方法などが表示されます。

OTOA 使い方3

パスポートの再発行手続き

紛失してしまった貴重品の中にパスポートが含まれていたら再発行手続きか、一時的な帰国の許可証が必要になります。
この事に関しては『海外でパスポート紛失!手続きの方法は?』で説明させてもらっているのでそちらをご覧ください。

海外旅行保険に入っている場合

もしも海外旅行保険に入っていれば『携行品損害保険』が適応されます。

保険会社により細かい規定などが違いますが、以下のような条件が多いです。

  • 基本的に現金、クレジットカードの被害額等は戻ってこない。
  • 自身の不注意でなくしたケース(どこかに置き忘れた等)は補償されません。
  • カメラ・バックなどは補償されるが、買った時から盗難された時までの期間分を計算して差し引かれた金額(減価償却)しか戻ってきません。

そして、必要となる書類には以下のようになっているケースが多いです。

  • 盗難証明書
  • 盗まれたものの領収書など。(無い場合は自身で大体の額を申請)
  • 保険金請求書など。

細かい規定などは会社により異なるので少し目を通しておくと、スムーズに動けると思います。

基本的な流れとしては

警察に行き『盗難証明書』を作成

保険会社へ連絡して指示を聞き。

帰国後必要書類を揃えて提出。

審査

保険金受け取り

と言った流れになっています。

 

海外旅行をしていてたまに出会ったのが、「カメラなどをわざと無くして申請すれば保険金貰えるらしいよ~!」なんて言う根も葉もない噂。

当然ですがばれますし、自身が犯罪者となってしまいますのでくれぐれも軽い気持ちでそのような事をしないようにしてください。

以上『貴重品を紛失した時の対処方法』を説明して来ました。

まぁ、正直こういったことが起こる前に事前に1から10しっかりまで学んでいくケースは殆どいないと思います。
盗難なんかに遭うとパニックになってしまいがちで色々手間取ってしまうことも多いと思います。

そういった時はホテルのスタッフや、知り合った旅行者などにも協力してもらうのも手だと思います。