海外旅行でクレジットカードでショッピングをする場合本人確認の為にサインを求められるケースが多くあります。

日本でもサインをする事はたまにありますが、殆どの場合サインは省略されるケースも多いですよね?そのような使い方のせいかクレジットカードが届いても裏面にサインをせずにしようしているケースも結構多いようです。

 

海外でも国によってはサインを求められないケースもありますが、比較的多くの国ではクレジットカードで支払いをした場合はサインを求められる事が多いです。その為クレジットカードを使用しようとした際に裏面にサインが無いと使用を断られるケースもあるのです。

またサインを求められた場合、クレジットカードの裏面には漢字でサインしてあるのに、求められたサイン欄に筆記体などで記入してしまうと、サインが違う!と言う事でやはり使用を断られてしまうケースもあります。

カードの裏面に漢字でサインをしておけば漢字を使わない海外の人には不正利用の防止にも役立ちますしね。

これらの理由からもクレジットカードの裏面に漢字でサインをしておく事を忘れずにしておいてくださいね!

 

既にサインをしてある場合は?

因みにですが、一応クレジットカードのサインに決まりは無く、ローマ字でもカタカナでも苗字だけでも構わない事にはなっています。

なので既に漢字など以外でサインしてしまっている方もいるかもしれません。

その場合は、カードの裏面に書いてあるものと同じサインをするようにしてください。