クレジットカードには海外旅行保険が付いてくるので活用の仕方次第では大変お特に海外旅行保険の補償を受け取ることが出来ます。

さらにゴールドカード等の年間費がかかるものに限定されますが、カードを作った本人の家族などもその補償を受ける事が出来る事を以前『クレジットカードの海外旅行保険の家族特約の条件とは?』の中でもお伝えしました。

ですが、家族特約の保険は多少なりともカード契約本人の補償額との違いがでてきてしまうケースがあります。

そこで有効活用して欲しいのが『家族カード』の存在です。

様々なゴールドカードを発行するクレジットカード会社にはカード契約者の家族に限り2枚目を年間費無料やお得な年間費で発行してくれるサービスを行なっています。

そして何よりこの家族カードの最大のメリットと言えるのが、本会員の補償やサービスとほぼ変わらない補償額を受けられると言う事なんです。これを活用すればクレジットカード付帯海外旅行保険の家族特約を使わなくても手厚い補償が得られると言うことなんですね。

では試しにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの家族カードの保険内容と本会員の補償内容の違いを比べてみましょう。

※スマホで正しく表示されない場合画面を横にしてください。

保険内容 本会員 家族カード
傷害死亡・後遺障害
保険金
1億円 5,000万円
傷害治療費用保険金 最高
300万円
最高
300万円
疾病治療費用保険金 最高
300万円
最高
300万円
賠償責任保険金 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害保険金 1旅行中
最高50万円
1旅行中
最高50万円
救援者費用保険金 保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高400万円

死亡補償以外変わらないことが分かりますね。

因みにアメリカンエキスプレスの家族カードは1枚目が本来29,000円のものが無料で発行できます。(2枚目以降は12,000円)

海外旅行に持っていくクレジットカードで人気の『三井住友VISAゴールドカード』の家族カードもホームページでも『カードの機能・サービスはそのまま。』とうたっていますので補償内容は本会員と変わらないようです。

因みに補償内容は以下の通り

保険内容 保険金額(最高額)
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 500万円

こちらも1人目は年間費無料で2人目から1,000円となっていますね!まぁ2人目でも十分安いですが。。

当たり前ですが、普通の保険会社でしたら一人一人にそれぞれに保険をかけないといけないですからね。

お子様が18最未満であれば家族特約を使い、奥さんや旦那さんに家族カードを発行すれば、年間費がかかるゴールドカードもお特に利用する事がお分かり頂けると思います。