今や日本にいる時は手放すことの出来ない『LINE』ですが、やはり海外旅行の際もLINEを利用したい!!と考える方は多いようですね。

確かに海外旅行中に使えるならば、日本の友達とリアルタイムに感動を共用できたり、家族とも簡単に繋がっていられますもんね☆

でも、やっぱり気になるのは海外旅行でLINEを使う場合の料金や設定方法などではないでしょうか?

イメージだけで言うなら、海外での通信費用ってバカ高いイメージがありますからね・・・。

では見ていきましょう!

海外旅行でもLINEはもちろん無料!!

まず結論から言ってしまえば、海外旅行でのLINE使用は日本での使用と同じく無料です。

ただ、正確に言うとLINEでやりとりする為のネット環境にお金がかかってしまいます。
では、そのやり方を説明していきましょう!

基本的には方法は大きく分けて3つです。

  • 自分が契約する携帯会社の海外パケ放題につなぐ。
  • レンタルのwi-fiを使う
  • フリーのwi-fiを使う

個人的なおすすめの度合で言うと、『レンタルwi-fi』『携帯会社の海外パケ放題』『フリーのwi-fi』と言った具合ですかね?

ではそれぞれの説明と使い方特徴などを見ていきましょう。

wi-fiを契約していく。

ではまず、海外用のwi-fi機器をレンタルしていくと言う方法です。

wi-fiとは簡単に言えば無線でネット回線を利用できるサービスの事で、日本国内は勿論世界中で利用されている通信方法です。

海外旅行に行く時このwi-fiを利用するのであれば、基本的には日本からこのwi-fi端末をレンタルして行く事になります。

値段は会社にもよりますが、680~の安値で使用することが出来て、一日の通信制限なども『制限無し』か『多めの通信量』の場合が多いので海外でLINE以外にもスマホでネットを使う場合でも一定の金額で使用でき沢山使う方にはうってつけの方法です。

後に説明しますがドコモなどのキャリアの場合25MB~30MB等の通信制限がかかってしまうので、LINE以外にもスマホでネットを使ったりする事も考えればwi-fiをレンタルする事をおすすめする一番の理由です。

ただ、国によっては料金が上がってきたり、まったく使わなくても料金が取られるなどのデミリットもあるので、LINEのテキストメッセージだけ使えればいいんだ!などと言う方には必要ないかもしれないので、使い方を良く考えて使うようにしてください。
因みに海外wi-fiの会社をいくつか紹介しておくと

アメリカへの旅行なら送料などが無料の

≪US DATA≫

ヨーロッパ地域なら

ジャパエモ

それ以外の国なら海外wi-fiで有名な

xmobile

などがおススメかと思います。『USDATA』と『Xmobile』は料金試算表があるので試しに入力してみるとイメージしやすいでしょう。

その他にも定番で人気なイモトのWifiレンタルなんかも有名ですかね?

※プランによっては通信制限があったりします!必ず内容を良く読んでから契約してくださいね!

では、海外でwi-fiを使う場合の設定の例を紹介しておきましょう。

基本的に設定の手順は以下の通りです。

  • データ通信をoffにする。
  • データローミングをoffにする
  • wi-fi設定をオンにする
  • 提携wi-fi業者のパスワード入力などで接続

では、また順番に説明していきましょう。

データ通信をoffにする。

この設定をオフにする事で、キャリアで通信している3G回線、4G回線、LTEなどが切断されます。

データローミングをoffにする

Screenshot_2015-08-23-20-49-09
データローミングとは自分で通信業者を選びますよ~と言う選択方法。
普段は契約しているキャリア(ドコモやソフトバンクなどの契約している会社の事)に接続されています。

wi-fi接続の場合これをオフにしておかないと、
何かの拍子に上記のデータ通信がonになってしまうと海外の別の通信業者に勝手に接続してしまう原因にもなります。

wi-fiの接続

では最後にwi-fiの接続です。
これは基本的にはレンタル業者の説明には書いてあるとは思いますが、
下記のようにwi-fi接続をonにして、

Screenshot_2015-08-23-20-49-35
レンタルした子機のパスワードなどを入力すれば接続できます。

60LyMjyO0NGWe6s1440331718_1440331835

では次に携帯会社のパケ放題について説明します。

携帯会社の海外パケ放題につなぐ。

これはそれぞれの携帯会社で海外専用のパケット通信プランに申しこむ方法です。
ドコモの場合 『24時間定額料980円・1,280円・1,580円のパケット定額サービスや定額パケ・ホーダイプラン等』があります。

auの場合   『海外ダブル定額(4G LTE)』

ソフトバンクの場合 『海外パケットし放題』などがありますね。

LINEを使用する為には手軽な方法ですね。

それぞれのパケホーダイプランの料金は基本変わらず、
基本が一日1980円 20万パケット(約25Mバイト)を超えた場合は日額最大2,980円。となっています。

一日で1980円というと少々高めですかね。。

ただ通信料が上限に達した時に1980円となるので、
使用しない場合や一回だけ使う!などの場合は料金が発生しないか低料金で済む仕組みなので、使い方しだいでは安く使えます。

この点がwi-fiをレンタルしていく場合との大きな違いですね。その為LINEのテキストメールを少しだけやるという程度ならこの選択の方が安くすむかもしれません。

2015-08-23_2031

 

ところで、ここでちょっとだけ話が横道にそれますが、LINEの通信料について話しておきましょう。

どの方法でLINEを海外旅行で使用するにしても、この事を知っておいたほうが参考になると思うので。

 

  • LINEのテキストメール
    文字のみ300字程度で0.02MB
  • LINEの音声通話。
    まぁ海外からLINEで通話をすると言う方はあまりいないとは思いますが。。
    1分あたりの通信量:0.30MB
  • LINEのビデオ通話での通信料
    1分あたりの通信量:3 MB(かなり差があり)
  • youtubeなどの動画の場合
    1分間3MB~からとなっています。(画質などにより差があり)

因みにLINEのゲームも通信料がかかります。

 

さて、話を元に戻しましょう。
先ほどの、携帯会社の海外パケホーダイプランと使うときに注意する点を一つ。

それは、設定の方法が少々面倒で設定の方法を間違えると何十万~と言う高額請求がきてしまうと言う事。

以下に簡単に説明しますね。
機種などによっても違いますし、それぞれの会社で独自の設定方法がある場合もあるので、その点も考慮してみてくださいね!
まず設定の仕方は以下の通りです。

  • 機内モードをオフにする。
  • データローミング設定をオンにする。
  • キャリアを選択

ではまた順番に説明していきます。

機内モードオフ

Screenshot_2015-08-23-20-28-28

これを行なう事で、通話、データー通信など、通信に関する一切の機能が停止状態になります。

飛行機に乗るときなどは一旦電源を切るか、このモードをonにするので、通信できるようにオフにしてください。

※画像はアンドロイドの場合です。

データローミング設定をオンにする。

先ほども説明しましたが、データローミングとは自分で通信業者を選択する事です。
海外では手動で通信業者を選ばなくてはいけないのでonにします。

Screenshot_2015-08-23-20-49-09

キャリアを選択

最後にここが重要なのですが、手動でキャリアを選択しなくてはいけません。
例えばドコモのパケ放題ならドコモを選択。
Screenshot_2015-08-23-20-23-52

これをしっかりやらないで自動で選択してしまうと、海外の違う通信会社に接続してしまい莫大な請求金額が加算されてしまうので、データローミングon→キャリア手動設定この流れだけは確実に行なってください。

これでLINEを始め、ネットを海外でも使えるようになりました。

では、最後の方法に移ります。

フリーのwi-fiを使う。

現在は日本でも無料で使えるwi-fiスポットが沢山ありますよね!?

世界でも同じくフリーのwi-fiは飛んでいるのですが、注意してほしいのはどこのものか分からないwi-fiで通信しないという事。

これは日本でも同じですが、発信もとの分からないwi-fiを使うと言う事は、自分の情報を全て垂れ流しにしているのと同じことです。

信頼できる場所でのみ使用するようにしましょう。

設定の方法は基本的には上記の方法と一緒ですね!

最後のwi-fiパスワード入力などがそれぞれの場所によって変わってくるだけです。

 

と言う訳で以上が海外旅行でLINEを使うために必要な設定ですね!
分からないと結構面倒かな?という気もしますが、使えると楽しみも広がるかもしれませんし活用してみてくださいね!