入国の仕方

海外での入国手続き

以前の記事で日本から、出国の手続きと飛行機の乗り方について説明しました。

でも、中には言葉の壁などから、現地で入国審査が不安なんです!と言う方もいるでしょう。

そこで、今回は現地についてから入国するまでの流れをご説明します。

1.機内で出入国カードと税関申告書の記入

出入国カード(E/Dカード)とは、入国審査をスムーズにするための書類で、名前や滞在期間、入国の目的などを記入するカード。

税関申告書は、その名の通り税関に引っかかるものを持っていないかのチェックや、検疫のチェック項目などがあるカードです。

どちらも基本的には機内で配られ、機内で記入し入国手続きの際パスポートと一緒に提出します。

各項目は基本的には一緒ですが、国によって違います。
JALのサイトに国別の出入国カードの項目が書かれているので参考にしてみてください。

 

2.到着したら、入国審査へ。
Passport Control

到着後、飛行機を降りたらArrivalの表示に従い歩いていきます。
まぁ、周りの皆と一緒に歩いていけば問題ありませんが、乗り換えの人などもいるので注意してください。

到着ゲート

その後まず最初の手続きは、入国審査(Passport Control)となります。
係り員に先ほど書いた出入国カードとパスポート,搭乗券を提出してください。
ここで、いくつかの質問に答えます。

大概の人はこのポイントが不安なんではないでしょうか?

そこで少し代表的な質問と受け答えを載せておきましょう。


・「What’s the purpose of your visit?」
(なんの目的でこの国に来たの!?)
「Sightseeing」サイトスィーイング(観光です)

・「How long will you stay in this country?」
(どの位この国にいるの!?)
「○○ days.」(何日です。)

・「where are you going  to stay?」(どこに泊まるの!?)
「I,m staying in the ○○」(○○に泊まります)


などです。

all aboutのサイトで、分かりやすいポイントが書かれていましたので、参考にしてください。

実際はそこまで聞かれない場合も多いので、そんなに不安にならなくても良いのですが、こんな質問があるのだな。
と頭に入れておくと焦らないで済みますね!

 

3.荷物の受け取り baggage Claim

手荷物受け取り

自分が乗ってきた便名が書いてあるレーンのターンテーブルに行き、流れてくる荷物を受け取ります。

よくある形や色のスーツケースの場合、シールやタグなど分かりやすい目印を付けておくと良いでしょう!

4.税関

最後に税関です。先ほど機内で書いた税関申告書を提出します。
一般的には多額の現金や、高価な外国製品を持っている場合申告が必要です。

その他、動植物や食物なども規制がありますので、注意が必要です。

特に無い場合は申告の必要はありません。


以上が到着後の流れになります。
国によって呆気ないくらい簡単だったり、逆に厳しかったりしますが、ある程度基本を知っていれば、まず問題はありません。

そこまで不安になる事はないですよ!

入国できたら、楽しい旅行のスタートです!


この記事は参考になり、満足していただけたでしょうか?
ご満足頂けたら「いいね!!」や「フォロー」など貰えると嬉しいです。