ゴールドカード等の年間費が発生するものが中心となりますが、クレジットカードには本人だけでなく扶養する家族などが保険の対象となるサービスがあります。

海外旅行保険は安心できる補償が得られる反面費用がそれなりにかかってきてしまいます。

海外旅行で手厚い優遇を受けれるゴールドカード等のクレジットカードと共にうまくこの家族特約を利用すれば、お得な値段で安心と優待が得られると言うわけです。

とは言ってもクレジットカードには沢山の種類があるため、その特色も様々です。

今回はいくつかのクレジットカードの海外旅行保険の『家族特約』にスポットを当ててそれぞれの特徴を見ていきましょう。

※海外旅行保険の家族特約にはいくつかの条件や注意事項が存在します。
詳しくは以下の記事をご覧ください↓

[clink url=”http://kaigai-motimono.com/kazokutokuyakunozyoukenn/”]

家族特約の比較

カード名年間費(税別)傷害死亡・後遺障害傷害治療保障疾病治療保障賠償責任携行品損害救援者費用
三井住友VISA
ゴールドカード
10,000円
初年度無料
割引あり
1,000万円300万円300万円2,000万円50万円200万円
三井住友VISA
エグゼクティブカード
3,000円
初年度年会費無料
500万円50万円50万円2,000万円15万円100万円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード29,000円1,000万円200万円200万円4,000万円50万円300万円
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード10,000円1,000万円100万円100万円3,000万円30万円200万円
ゴールドカードセゾン10,000円1,000万円200万円200万円2,000万円20万円200万円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード10,000円1,000万円300万円300万円3,000万円30万円200万円
MUFG
ゴールドプレステージ
10,000円1,000万円200万円200万円3,000万円50万円200万円

以前『クレジットカードの海外旅行保険 重要な補償とは?』の記事内で、注目すべき点は傷害、疾病治療費用などである事をお伝えしました。

その点で見ると『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』が年間費も10,000円と手ごろでいて300万円の保証が付いてくるので家族特約付きカードとしてみる場合おススメ度が高いカードとなります。

ですが、三井住友VISAのゴールドカードも割引の種類が多数あり、20代の方であれば2年目からでも通常5000円で最大1500円までの割引がある事も見逃せません。

年間費がずば抜けて高いですが、アメリカンエキスプレスゴールドは『手荷物無料宅配サービス』を始め国内でも海外でも様々なシーンで特権が受け取れるワンランク上のサービスが特徴です。
当然アメリカンエキスプレスのゴールドカードのステータスは海外ではかなりの価値を発揮すこともポイントですね。

またそれぞれのカードにはポイント等が通常より多くつけてもらえる場合が多いので、通常日本で使用しているポイントサービスがあればそのカードを選ぶのも良いかもしれませんね。