万全の防犯対策をしたはずなのに・・・。パスポートが無くなった・・・クレジットカードが盗まれた・・・。海外旅行ではそんな万が一の紛失がありえます。

そんな時少しでも対処法を知っていれば冷静に行動が出来て解決が早くなります。そこで今回は海外旅行でもっとも大事なパスポートが紛失した!そんな時の対処法を紹介します。

パスポートが紛失した!必要書類は?手続きは?

海外旅行で一番と行っていいほど致命的な紛失したくないものNo1のパスポート、本当か嘘なのかは知りませんがパスポートは高値で取引されているらしく、スリの大好物だそうな。。。

と言う事で、パスポートが万が一無くなった時の対処法を解説していきます。

 

大まかな流れとしては以下の通りです。

  • 警察に行き『盗難、紛失届出証明証』を発行してもらう。
  • 再発行必要書類を揃える。
  • 日本大使館or領事館に行き、必要書類を出し再発行の申請をする。

パスポートの再発行の必要書類

次にパスポートの再発行に必要な書類を確認しましょう。

  • 盗難、紛失届出証明証
  • 証明写真2枚
  • 再発行申請書(大使館or領事館にあり)
  • パスポートの番号、発行年月日、交付された場所。
  • 手数料

証明写真は日本から万が一に備えて準備しておくのが良いでしょう。パスポートの番号なども控えるorコピーを用意しておくのがスムーズに手続きが進みますね。

パスポートの再発行までに日本に帰りたい場合は?

手続きがスムーズに行っても再発行にはどうしても時間がかかってしまいます。
その間に日本に帰国となると困ります、そこで『帰国の為の渡航書』と言うのが1~2日程度で発行してもらえるのでこちらを活用しましょう。

ただこちらにも必要書類があり。

  • 盗難、紛失届出証明証
  • 申請書(大使館or領事館にあり)
  • 6ヶ月以内に発行された戸籍謄(抄)本又は本籍の入った住民票、免許証など(本籍記載のあるもの)。
  • 写真1枚
  • 手数料

となっています。
現在運転免許は本籍が記載されていないので、戸籍謄(抄)本又は本籍の入った住民票を持っている前提になってしまう訳ですね。

なおもしこれらの書類が無い場合は日本からFAXで家族に郵送してもらうなどの手続きが必要なようです。

万が一帰国便が明日などの場合はその趣旨を伝えてダメなら飛行機の日程を変えるしかないようですね。

またこの『帰国の為の渡航書』はあくまで『帰国』のみに適応され、他の国に行く事はできません。
そして日本に帰ればそれで効力は失効してしまい当然パスポートは日本で再発行となる訳です。

最後に参考になるサイトを記載しておきます。