海外旅行にはクレジットカードが定番で、現金のみの旅行より断然安心した旅行が楽しめます。

しかし、何かしらの理由でクレジットカードが作れなかったり、クレジットカードはちょっと作りたくないなぁ~って方もいると思います。

そんな方にぴったりなのが海外専用プリペイドカードなんです。

海外専用プリペイドカードって何??

海外のお金

そもそもプリペイドカードとは何??って方もいると思うので説明すると、プリペイドカードとは先に入金してその入金額から買い物や出金を出来るカードの事です。

日本だと7イレブンの『ナナコカード』、PSUMOや Suicaなんかもそうだし一応テレホンカードもプリペイドカードの一種だそうです。

そんでもって海外専用のプリペイドカードは日本で入金していけばそのカードを使って、買い物したりATMで現地の通貨でお金を引き出せる仕組みって訳なんですね。

発行されているカードは色々とありますが大概はVisaかMasterCardの国際ブランドなんで殆どの国で使えると言うのも人気の秘密なんですね。

クレジットカードの代わりとしても、クレジットカードのサブとしても使用できるカードなんです。

安全度で言えばクレジットカードよりさらに上!?

クレジットカードも基本的には安心ですし、カードをストップすればいい話なんですがスキミングの話なんかもありますし、ちょっと心配は心配ですよね?

でもプリペイドカードなら最悪使われても入金してある額だけですし基本的には紛失時からの使用額は補償が効きますので安心度がより一層高いんです。

他にもキャッシュパスポートというカードならスペアカードも付いてくるので無くした場合に困ることが無い!など防犯面でも安全度が高いんですね。

手数料がお得なケースがある

クレジットカードが現金を両替するより基本的には為替コストが安く済むことは海外旅行のクレジットカード お得な手数料とは?の中でお伝えしました。

そしてこのプリペイドカードも手数料の面で見ると安くすみます。

例えば海外プリペイドカード系で一番手数料が安いと言われているマネパカードなら、ショッピングに関する手数料は無料。

実際は円から外貨に両替する際の一定のコストがプラスされていてこれが一応手数料となりますが、そのレートもドルなら『1$に付き0.8円』クレジットカードが1.6%程度なので、1$50円以下にならない限りお得な訳です。1$50円になったら日本が崩壊していると思いますけどね・・・。

キャッシングの場合はATM手数料がドルで2$分と為替手数料として先ほど同じ0.8円となり、年利18%程度のクレジットカードを一ヵ月後に返済した場合よりはかなり安く済むことになります。

例・1$120円として1000$引き出した場合

マネパカード →2$分(240円)+800円で1040円

クレジットカード→(120000×0.18)÷12=1800円

まぁ、細かくキャッシングしていけばATM手数料が増していくのでその点は差が縮まってきますが。

だたクレジットカードはポイントも付くし、通貨やカードの種類によってはプリペイドカードの方が高くなってしまうケースもありますが、基本的には現金を両替するよりはかなりコストが抑えられます。

このようにクレジットカードに引けをとらない位メリットがあるのが海外旅行でのプリペイドカードなんです。海外旅行に出かける際は是非プリペイドカードを1枚は作っていってみてくださいね!

なおそれぞれの特徴などを知りたい方は、プリペイドカードを比較してまとめたサイト『海外旅行のプリペイドカード比較ランキング』を参考にしてみてください。