海外旅行の楽しみの一つと言えば、世界各国の料理でしょうか?

でも、日本の感覚と違い美味しいお店はどこなのか直ぐには分かりませんよね?もちろんガイドブックなんかに載っているお店に行くのも手だとは思いますが、それ以外の飲食店だって沢山あります。

と言う事で今回は僕が旅してきた中でなんとなく、こう言ったパターンで美味しいお店を見つけたよ!と言う事例を紹介していきましょう。

なお、高級レストランに入ってお金を沢山払えば当然美味しい料理が手に入るので、ここではごく普通の現地の人も入るレストランと言う視点で見ていきましょう。

日本人旅行者に聞く!

現地の人に聞く!と言う手段があるのでは?とも思いますが、当然の事ながら基本味覚が違います。まぁ、おススメされて言って美味しい事もありますが微妙な事もしばしばです。

でも、同じ日本人の旅行者などの口コミは9割5分の確立で美味しいお店に出会えました。
そんな事言っても、『何処で日本人旅行者に聞けばいいの?』と言う方も多いと思いますが、おススメの方法はドミトリータイプの宿に泊まる事。こう言った宿であれば高確率で日本人の旅行者に出会えるので聞いてみるのがありですね!

また現在はインターネットによる口コミと言うのが沢山存在します。現地に住む留学生だったり、旅行者だったら、ツイッターなどのツブヤキだったり、情報収集に強い味方が存在します。旅立つ前に少し調べておくと良いかもしれませんね。

また始めて入ったお店では周りの現地の人が食べているものを観察するのも手かもしれませんね!

海外 美味しいもの

困ったら中華街(チャイナタウン)へ

海外でも大概の場所にはジャパニーズレストランがあります。でも半分くらいのジャパニーズレストランは『う・・・ん・・・まぁこんな物か。。』と言った感じです。

でも、これまた何処にでもあるチャイナタウンこれはハズレが殆どないんです。

しかも大概は値段が安い!この国に来て中華か・・・。なんて思うかもしれませんが、困ったら中華はほぼ間違いないかと思います!

屋台も捨てがたい!!

現地の料理を最大限に味わいたいならレストランに入るより、屋台などもおススメです。
場所によっては衛生面に不安がある場所もあるかもしれませんが、勇気を持って食べてみると『うまっ!』と感動する事は結構あります。

因みに僕は南米のボリビアなどで定番だった、エンパナーダと言う揚げたパンに卵やひき肉などが入ったものにはまりました。

以上、海外で美味しいものに出会うコツ!をお伝えしました。
海外旅行では色々な出会いを楽しむ事が出来ますが、グルメも是非楽しんでみてくださいね☆