現在、ハードタイプのスーツケースには標準的に鍵が付いているものが多いです。

ソフトタイプなら付いてないもの多いですが。。。

しかし、そもそもスーツケースに鍵は必要なのでしょうか?このページでは個人的な見解を元にですが『スーツケースに鍵は必要なのか?』について解説していきます。

アメリカならTSAタイプ鍵が必要と言う事も言われていますのでその点も踏まえてみていきましょう。

海外旅行でスーツケースに鍵は必要!?

当然ですが、スーツケースに鍵は無いよりはあったほうが良いとは思います。

ですが、個人的な意見ではありますがスーツケースに良質の鍵は要らないんじゃないかな~と思います。

 

そもそもなんで鍵をかけるのか??と言う事を考えてください。

『え??盗難対策でしょ??』と思いますよね。。

まぁ、それはそうなんですが海外での泥棒さんをなめないでください。

『鍵なんか簡単に壊せるよ~!!』

『と言うかスーツケースごと持って行くし・・・』

と泥棒さんは言うでしょう。

 

そう盗難対策としてのスーツケースに良質の鍵をかけていても、残念ながらはほぼ意味をなさないのです。。

もちろん盗難対策のレベルは上がりますし意味が無いとは言いませんけどね。

 

スーツケース鍵には盗難対策以外の意味を持つ事もあります。それは空港なので誤って開いてしまう可能性を軽減させるためです。

海外で空港でのスーツケースと言ったらそれはそれは酷いものです。

飛行機から何度か様子を見ましたがバンバンに投げています。

 

バックであろうが、スーツケースであろうがお構いなしです。そんな時ひょんな事からスーツケースが開いてお土産や可愛い下着が丸出しに・・・なんてなったら嫌ですよね。。

そんな事を防ぐ意味で鍵は有効かもしれません。

ですけど、それだってファスナータイプのスーツケースならまず起こらないですし、スーツケースバンドでも十分です。

 

そうなれば無理して高いお金を出して、良質の鍵つきのスーツケースを選ぶ必要はないかな~?と思います。

極端な言い方になりますが、下手をすれば気に入ったスーツケースに鍵が付いていなくても気にしないで良い!と言えるかもしれません。気になるなら後で南京錠等を購入すれば良い話ですしね。

スーツケースで良質な鍵にお金をかける位なら、キャスターや軽さ等の他の機能にお金をかけた方が良いのでは?と個人的には考えますね。

もちろん防犯対策は少しは強化されますし、お気に入りのスーツケースに鍵が付いていれば全然良いと思いますけどね☆

 

アメリカのTSAについて鍵が壊されるケースが続出!?

ところでアメリカのテロ対策で生まれた、TSAの鍵。

自分とアメリカの空港職員のみ開けられる鍵で、空港で危険な物を探し出すために生まれた制度ですね。

因みに僕も鍵はかけていませんが、アメリカの空港では荷物を漁られました。

 

現在ではスーツケースの鍵は大概これですが、現在はもうこのTSAすらかけないほうが良いとも一部では言われています。

アメリカが始めたTSA対策なのに、空港でこの鍵もあっさりと壊されるケースもでています。

 

鍵をかけていなければスーツケース自体は守られるのに、鍵をかけたばかりにスーツケース自体もダメになる。。。

本末転倒な自体です。。

 

こういった意味でもスーツケースの鍵付きは無理して買う必要は無いかな??と思うのが僕の意見です。

ただ、ドミトリーのような他の人と一部屋を共用するケースなどのように旅行スタイルによってはスーツケースの鍵が非常に役立つケースもあると思うので、その点はケースバイケースで考えてみてくださいね!